ホール側視点で考える。

ホールの裏側
みなさまこんにちわ。

早いものでブログを初めて
7日目、7記事目です。
(デス!!)

毎日少しずつではございますが
さらっと読める記事を目指して
書いていこうと思います。

本日は少し早い時間の更新
ですが、今後のホールの動きや
考えを推測しながら
9月以降はどのように
戦っていくべきなのか?

を簡単に書きたいと
思います。

9月以降のホール事情

キツイ。



この一言につきます。

スロットの利益構造は
前述のとおり、


主にホールで稼ぎが良い
機種といえば、



凱旋・オキドキ。


凱旋の方が早く撤去が
迫っており、
今年の11月上旬には

全国のホールから
姿を消します。
(一部地域やホールを除く)

これは頭を抱える問題で、
稼げる機種を手放して、
稼げるかどうかわからない
新台を凱旋設置分購入する。

もしくは

そこそこの中古機を
凱旋設置分購入する。


もしくは

どう考えても採算がとれない
ため、赤字を叩き続ける
見込みがたっているのであれば
今年末で閉店。



大げさではなく、
ホールはとても不安を抱えながら
現在営業しております。

9月と言えばもうひとつ

どの企業もそうですが、
4/1~3/31終わりの
年度で予算や計画があるでしょう。

パチンコホールももれなく
それが当然あることでしょう。


そして9月は丁度その半分が
終わるところです。

今年はコロナの影響もあり、
多大な影響を受けました。

恐らく大手と言われている
ところは甚大な欠損がでた
ことでしょう。

それらも踏まえて年度の
半分が終わるということで、

あるあるですが、
いわゆる、ノルマ(予算)が
大変厳しくなることが
予想されます。


よって、いままでは平日も
そこそこ遊べていたのに
9月ったらどうしたものか、
同じ店なのか?と疑うほど
悪くなる恐れがございます。


ご注意くださいませ。

9月以降の考え方まとめ

  • ①主要機械撤去分の機械費用を
  • 捻出しなければならない。
  • ②予算が厳しくなっている可能性がある。
よって、今までこの日、この店は
強いんだよな、

今日は番長3攻めて
一気にキメてやるぜ!



という攻め方よりも

今までは強かったんだけど
今月はどうだろうか。
毎月〇の付く日は月に3回、
後半の○の付く日のために
初旬は様子見てみてみるか…

一度慎重になることが
大切です。


…んだよ!今までガセって
なかったのになんだよこの状況!
(*`д´)


店側のオトナの事情ってのを
読むと致し方ない可能性が
あります。


かならずしもそうではない
お店もきっと
あります。

地域最大店とか
その地域でシェアトップの
大繁盛店であれば
この限りではございません。


どうぞご参考までに。
ではまた明日!


※8月で大きくプラスになっている
ホールであれば本日・明日で
多少還元もあることでしょう。

打たないですがわたくしも
様子を見に行って参ります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました